読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬 思い出の歴史

時代は移り変わる。けれども今も変わらぬことがある。それは武豊がトップを走り続けているということ。そして、彼は日々進歩しているということ。

イモータル逃げる⁉︎ 神か悪魔か 石川裕紀人という破壊神 日本ダービーⅠ

 日本ダービーに石川裕紀人がイモータルに騎乗する。

石川裕紀人がダービー出られるらしい。あの破壊神裕紀人である。以前皐月賞の時にミルコがハイペースにと私は思った。確かに、ミルコとリオンディーズは先頭に掛かり気味に立った。けれどもそれは1000mを通過したあと。だから1000~1200の1Fは11.5。だが、強風だったとはいえ1000m58.4というハイペースを作り出したのはリスペクトアースの石川裕紀人。そして、先々週のヴィクトリアマイル皐月賞を0.6秒速い1000m57.8という狂気的な超ハイペースをレッドリヴェールで作ったのも石川裕紀人である。あのサイレンススズカが59キロを背負ってエルコンドルパサー毎日王冠で勝ったのが57.7。これもだけでいかにハイペースかがわかる。差し馬を脚質転換してハイペースで逃げ、直線に向いたところででは既に力尽きていた。そして、この2走とも人気の先行馬を道連れにした。人気馬を葬り去った。彼は先行馬を潰し、レースをぶち壊した。全ての先行馬が彼の所為で力を出し切れなかった。あの2走の先行馬に関わるホースマンや先行馬を買った人。だけでなく、何より彼の騎乗した2頭とその2頭に関わるホースマンにとって彼は悪魔以外の何者でもなかった。レースをぶち壊す破壊神。それも競馬なのだが、今回もまたレースをぶち壊すのだろうか。ハイペースの逃げによって潰された人気の先行馬。今回もエアスピネルとリオンディーズとサトノダイヤモンドとヴァンキッシュランが全2走のそれにあたる。厭な予感がする。ダービーまでも逃げて沈むのか。

  ダービーまでも逃げるのか。

という一つの大きな問題が生じる。私はこの問いに明確な答えを持ち合わせていない。イモータルが先行馬でないという理由はレッドリヴェールにをもって意味を持たなくなった。だが、この馬が金子真人の馬であることを鑑みると必然的に逃げるという結論になる。何故か。それはマカヒキが彼の馬であるからだ。ハイペースで石川が飛ばし、イモータルが潰れると共に有力な先行馬も葬り去る。そして、勝利はマカヒキ、ディーマジェスティ、スマートオーディンらの争いになる。皐月賞でメンバー最速の上がりであり、この3頭でもマカヒキ、ディーマジェスティ、スマートオーディンの順に最速上がりが32.6,32.7,33.5という様にかなりマカヒキが有利になる。が、金子真人オーナーはとても勝利に拘る。だからこそ八大競争をオーナーとして制覇できた。その彼が果たしてイモータルも良い馬であるにも関わらずわざわざそんなことをするだろうか。と考えるとこれまた答えが出ない。

 が、一つだけ言えることがある。それはイモータルは逃げやすくなったということだ。何故なら、皐月賞ヴィクトリアマイルという二つのGⅠにおいて少し結果を出している程度の若手が掲示板にはいればいい、いや、参加できて良かったという馬でハイペース逃げを打って共に有力な先行馬を潰すというファンにもジョッキーにも強烈なインパクトを与えた。だから、逃げても誰もついてこない。それどろか、皆彼の逃げに戦々恐々しているのではないだろうか。だからこそ、イモータルが平均ペースで逃げれば最もチャンスがあるのではないか。そして、ミルコはペースが読めない。その上リオンは掛かりやすい。だから、体内時計が寸分狂わぬ武豊とエアスピネルにもチャンスがある。無論、石川裕紀人が平均ペースの逃げができることが前提である。けれども、彼のGⅠ初勝利をダービーにしたかった。若しくは逃げてGⅠ初勝利を飾りたかった。だから敢えて皆の印象に残る惨敗をしてマークされないようにした。と彼が考えていたのだとすると........。考え過ぎであろうか。だが、もし本当にそう考えていたとすると彼は武豊を上回る天才いやもう神の域である。 

しかしながら、当然、ハイペースの逃げや先行する可能性も多分にある。今回のダービーは、石川裕紀人という若手のホープが天才なのか。無能なのか。それとも凡庸なのか。神か悪魔か。それとも人並みか。その正体が暴かれる。