競馬 想い出の歴史

時代は移り変わる。けれども今も変わらぬことがある。それは武豊がトップを走り続けているということ。そして、彼は日々進歩しているということ。

馬番5番名馬の予感 日本ダービーⅦ

 エアスピネルの馬番5番。

武豊の馬番5番。武豊の馬番5番というとスペシャルウィークディープインパクトの2頭が真っ先に思い出される。武豊の馬番5番はダービーでは3回。トウカイテイオーの時のシンホリスキー以外は名馬である。

 スペシャルウィークディープインパクト

武豊をダービー馬にした馬と武豊を三冠ジョッキーにした馬。どれだけ月日が経とうと武豊が伝説のジョッキーである限り彼を語る為には、決して欠かすことのできない名馬たち。数々の伝説を作った名手武豊武豊武豊たらしめる所以。

 彼は言った。

 “どんな馬に乗る時もどんな自分が不利でも、相手の強いの馬に何か不利があって80%しか力を出せずに自分が最高の騎乗をして120%の馬の力を出せたら勝てる。騎手が勝てないと言ったらもう騎手として失格だ。”

 常にどんな状況でも勝ちに拘る。その姿勢が彼を日本ダービー5勝、天皇賞春7勝。という前人未到の大記録を打ち立てられたのだろう。

 昨日ブラックスピネルで白百合ステークスを勝っていた。サンデーレーシングの馬である。社台のクラブ馬が回ってきた。馬も回ってくる様になった。もう態勢は整った。空前絶後のハイレベルと言われる日本ダービーで朝日杯そして3歳路線の屈辱を。京都で武豊展が行われている。その時彼は言った。

“ダービーのスペース空いてるのかな。”

と言った彼の目はリップサービスでなく真剣であった。“エア”という冠名。吉原毎文オーナーのダービー制覇の夢を。

いざダービー。