競馬 想い出の歴史

時代は移り変わる。けれども今も変わらぬことがある。それは武豊がトップを走り続けているということ。そして、彼は日々進歩しているということ。

エプソムカップGⅢ 芝1800

 エイシンヒカリは今や世界のエイシンヒカリである。世界の、いや、世界一の馬である。15日にはロイヤルアスコットプリンスオブウェールズステークスに出走する。そのヒカリの飛躍のきっかけとなったのが、このエプソムカップである。世界を股に掛け活躍する馬は現れるのか。

 

まず、エイシンヒカリの話をしたので、最近流行りのエイシンヒカリリアルスティールキズナなどを出している“ディープインパクト×ストームキャット”という血統のラングレー。SS×ノーザンテーストヒストリカルスマートレイアーの2着のエキストラエンドメジロの生き残りアルマディヴァン。新潟大賞典組はこのレース強い上に、前走2着のナカヤマナイト。ロジチャリス人気してるから0.4差のエックスマークも良いと思う。あと単に好きなショウナンバッハ。

 

◎1枠1番ラングレー

◯5枠9番アルマディヴァン

▲4枠8番エキストラエンド

△7枠14番ナカヤマナイト

×7枠15番ショウナンバッハ

☆5枠10番エックスマーク

 

買い方は後で紹介しようと思う。

東京11Rは15:45発走予定