競馬 想い出の歴史

時代は移り変わる。けれども今も変わらぬことがある。それは武豊がトップを走り続けているということ。そして、彼は日々進歩しているということ。

想い出の歴史第二章 始動

 色々あって、日本に戻ってきた。そして、私が筆を止めていた間、日本の競馬界では様々なことがあった。キタサンブラックJC敗北や、有馬でのラストラン。桜花賞で圧倒的1人気で完璧な競馬をしたラッキーライラックを差し切り、最後は流していたアーモンドアイ。皐月賞では戸崎の跨がるエポカドーロが。レインボーラインの初戴冠。キタサンブラックがもしいたら 、それはなかったのかもしれない。そういえば、ユタカをダービージョッキーにしたスペシャルウィークの死もあった。そして、先週の藤岡祐介の初G1制覇。色々なことがあった。結局、私は海外でも日本競馬をできるだけチェックしていた。私の拠り所は結局、ここにしか、この想い出の歴史にしか、なかった。だから、再び始めることにした。想い出の歴史の第二章、始動。